>   >   >  デザイン参考書籍 - 装丁を考える

デザイン参考書籍 - 装丁を考える

ID : 985
2015.03.26

デザイン参考書籍 - 装丁を考える

写真1:デザイン参考書籍 - 装丁を考える 写真2:デザイン参考書籍 - 装丁を考える 写真3:デザイン参考書籍 - 装丁を考える 写真4:デザイン参考書籍 - 装丁を考える

装丁道場―28人がデザインする『吾輩は猫である』 
ブックデザインの書籍。『デザインのひきだし』の人気連載「装丁道場」の連載全作品をまとめたもの。「吾輩は猫である」を、今新たにブックデザインし直すとしたら、というお題に対してトップデザイナーそれぞれが答えを導き出す。デザイナーは寄藤文平/松田行正/buffalo-D/松蔭浩之/祖父江慎など計28名。この本で重要なのは、28通りの考え方/作り方があるということ。想像をはるかに超えてオモシロい。お題が限定されているためか、デザイナーの個性が際立っているように感じる。なにはともあれ、装丁デザイン関連書籍で最高峰の部類だろう。
単行本: 251ページ/グラフィック社 (2010/07)

tag
エディトリアルデザイン , 参考書籍