>   >  タグで検索「やわらかい」

Tag → やわらかい

WEBサイト - しなやかなフォントで軽快なランディングページ
サイボウズ Office
まず印象的なのは、しなやかなフォント。メリハリのある大きなフォントを多用している。配色は青系で濃色を使用しているものの、やわらかい配色に感じる。軽快感がある。また、内容構成が非常によい。区切りが明確で、デザイン構造と内容構成がマッチしているのがポイント。秀逸なサイトだ。
WEBサイト - フレンドリーでやわらかいサイト
石田製本 
製本会社のサイト。やわらかいピンクの配色。和紙が裂けているような質感があり、フレンドリーな印象だ。ピンクのバリエーションを使っているためか、ほどよくメリハリがある。そのピンクにあわせているカーキ/グリーン/グレーが非常に上品に見える。なかなか計算されつくしたカラースキームだ。決して大きい会社ではないようだが、サービスもがんばっていて、好印象のサイトに仕上がっている。
WEBサイト - やわらかい質感のぶらり街歩きサイト
国分寺物語 - ぶんぶんぶら〜り国分寺散歩 
街のPRサイト。キーカラーは温かみのある黄色。切り絵風の見出しがアナログ的なやわらかい質感を醸し出している。レイアウトは矩形で区切ったりしているが、決して息苦しくない。見出しボリュームと色合いの絶妙なバランスが見て取れる。サイト運営はニッポニアニッポン。「会津物語」などの観光サイトなどを手がけるこのチームは、さらにエリアを狭めて「街」で勝負しているのは、興味深い。ぶらり散歩ブームの影響もあるのだろうか。
WEBサイト - とにかく美しいサイト
HOMETRIP 
新しい住まいを提案する情報サイト。athome と LiVESのコラボレーションによるもの。緑とグレーをうまく使ったやわらかい配色。とにかく美しい。おそらく写真の比率によるものが大きいと思われる。記事概要のカラムも美しく、内容的にもまとまっている。アクセントカラーに背景画像を入れたり、白背景を透過させたりと、随所にワザが効いている。もちろん写真の精度は非常に高い。文字情報も多すぎず、適度な分量に抑えており、リズムよく読むことができる。よく練られたサイトだ。
WEBサイト - イラストが鍵を握っている赤×カーキのサイト
大和情報サービス株式会社 
商業施設ディベロッパーの企業サイト。配色は赤×カーキ。手描きイラストが散りばめていることで、やわらかい雰囲気を醸し出している。もしイラストがなければ、きわめて整然としたレイアウトで、ありきたりな企業サイトになると思われる。罫線やボタンのデザインパーツを手描き風に加工していることで、全体的な統一感は保たれている。サブトップでもイラストを多用しているが、ここでは苦肉の策で使っているようだ。決して主役ではないイラストやデザインパーツが鍵を握っているオモシロい例だ。
WEBサイト - 犬のイラストがかわいいキャンペーンサイト
ANA創立60周年 
航空会社のキャンペーンサイト。2012年秋頃に公開されたようだ。犬が空を飛んでいる。かわいい。シンプルな中にも細かい技が効いている。例えば、ロゴ。セリフ系の数字と翼を融合させており、軽快な印象だ。エディトリアルもきちんとしている。●●周年サイトでは格調高くなりがちだが、どことなく愛嬌のあるキャンペーンサイトに仕上げている。企業の懐の深さを感じる。
WEBサイト - ビデオをメインビジュアルに配置したサイト
撮影ロケーション | 京都前撮り.com 
関西のフォトスタジオのサイト。サービス内容は、手軽に本格派の結婚写真を撮影してくれるというもの。注目は、トップのファーストビューに現れるプロモーションビデオ。ビデオをメインビジュアルに配置している。とにかく、映像のクオリティがスゴイ。DSLRムービーで撮影されたもので、サービス紹介を担っている。視聴するだけで、サービス内容がイメージできると同時に、ユーザの意欲を掻き立てている。配色は黒×ピンクをベースに、やわらかい色使い。デザインは、どことなく和テイストでロゴデザインも雰囲気も素敵。横イチの区切り方をひとつとっても画像加工しており、丁寧なデザイン作業がみて取れる。明確な目的を持った素敵なサイトだ。
WEBサイト - 清潔感のあるやさしい配色のサイト
シミに悩む女性のためのかんぱん専門サイト 
製薬会社の情報サイト。白ベースに緑がかったスカイブルー。清潔感のあるやさしい配色だ。一見凡庸だが、適度なコントラストがスキルの高さを物語っている。ベタ色と罫線をバランスよく使い分け、メリハリをつけている。線画のイラストの選択は絶妙。雑誌のように読みやすいのは、視線の誘導をうまく行っているためだろう。いわゆる『伝わる』サイトに仕上がっている。
WEBサイト - 縦長1ページに技が詰まっているコスメのサイト
SECRET THE COCOMAGIC -Produced by COCO KINOSHITA- 
木下ココプロデュースのコスメのサイト。グローバルメニューを下部に配置し、スムーズスクロールで縦に画面遷移する。サブメニューは上部に登場し、横への動きで見せていく。そんな縦長1ページの構造になっている。デザイン面では楽しさいっぱいで、写真の完成度も非常に高い。圧巻なのは、縦横ブラウザサイズの変化に対応している点。背景と人物を別のレイヤーに配置して、ブラウザサイズの変化に追随し、程よいバランスを取るような形になっている。丁寧でやわらかいグラフィックス制作に加え、CSSの細やかな技が光るサイトだ。
WEBサイト - ピンク×グレーのやわらかくてやさしいサイト
キスしたくなる肌へ。|なりたいきれい、好きなだけ。/ちふれ 
コスメのサイト。キャッチとロゴを、いさぎよくヘッダ中央に配置している。メインビジュアルは、モノクロの写真は表情のあり、やわらかくてやさしい。この2つの要素の相乗効果により、シンプルにメッセージが伝わってくる印象だ。さらにオモシロいのはグローバルメニュー。マウスオーバーで面積が拡大するようなアニメーションで、サブメニューや補足情報を表示している。さまざまなサイトに応用が効きそうな技だ。単純なそれぞれのアイディアがうまく結実している素敵なサイトだ。
< 前 1  2  3   
TAGS タグ一覧を見る




PAGE TOP