>   >  タグで検索「デザインプロセス」

Tag → デザインプロセス

参考書籍 - デザイン・シンキングの事例を考える
実践 デザイン・シンキング 
日立、ヤフー、コクヨ、オイシックス、ソニー、富士通ほか、様々な分野の企業が採用する注目の手法を28社の事例で解説。具体的な事例を中心に紹介している点がよい。
単行本: 272ページ/日経BP社 (2014/12/12)
デザイン参考書籍 - 無印良品のデザインを考える
無印良品のデザイン
無印良品ブランドの成功の秘密をデザイン視点で分析した一冊。勝手な想像だが、社内のブランディング作業の中で製作されたブランドブックをそのまま一般向けに売り出したような内容にも思える。社内の頭脳がオモテに晒されているという意味では興味深い書だ。
単行本: 192ページ/ 日経BP社 (2015/5/20)
デザイン参考書籍 - クリエイティブシンキングを考える
クリエイティブシンキング入門 
ロジカルシンキングやデザイン思考という類の書。トレーニング形式で展開している。目新しいことが書いてあるわけではないが、流し読みするだけでも思考を整理することができる。クリエイティブという方法論がここには確かに存在する。
単行本: 275ページ/ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013/8/28)
デザイン参考書籍 - アイデアノートを考える
トップクリエイター26人のアイデアノート 
トップクリエイターは、閃いたアイデアや企画をどのようにノートへ書き留めているのか。クリエイター本人自筆のノートを具体的に掲載。つまり個々人の頭の中が晒されるわけで、非常に興味深い。ノートの書き込み内容はもちろんだが、使っているノートやツール類も気になるところだ。トップクリエイターである26人は、コピーライター/クリエイティブディレクター/イラストレーター/プロダクトデザイナー/映像作家など多岐にわたる。
単行本: 121ページ/宣伝会議 (2014/07)
参考書籍 - 発想法を考える
ファストアイデア25 「発想スイッチ」 で脳を切りかえる 
著者はアートディレクター。『ファストアイデア』 とは、自分の周囲のさまざまないいところ、新しいところをを取り入れながら、短いサイクルですばやくアイデアを出せるようにする習慣のこと。普段の生活に取り込めそうなくらい平易に書かれている。そして「偶然から必然へ」。実線へ向けて即戦力となる数少ないクリエイター向きの書。
単行本: 174ページ/二見書房 (2009/12/1)
WEB参考書籍 - 記憶に残るウェブサイトを考える
記憶に残るウェブサイト [ トップクリエイター10組へのインタビュー集] 
対談しているクリエイターは中村 勇吾、長谷川 踏太、田中 耕一郎、西田 幸司など非常に豪華。雑誌では読むことができない、深く込み入った内容だ。各クリエイターの思想性が垣間見られる部分が興味深い。完全にクリエイター向きの書。
単行本: 184ページ/ビー・エヌ・エヌ新社 (2008/2/22) <
デザイン参考書籍 - デザインプロセスを考える
12人のデザイン創造プロセス 
現場の第一線で活躍するアートディレクターが自らの言葉で語るデザインのプロセス。 青木克憲氏、石岡瑛子氏、原研哉氏、水野学、佐野研二郎氏、森本千絵氏、など計12名が登場。すんなり読めるが、上級者向けといった感じ。即効性はないが、1~2年後にハッとする瞬間がある。
単行本(ソフトカバー): 208ページ/毎日コミュニケーションズ (2008/7/26)
デザイン参考書籍 - デザインセンスを考える
デザインセンスを身につける 
著者はここ1~2年注目度の高いウジトモコ氏。有名クリエイティブディレクターが執筆している書籍の中ではズバ抜けてよい。小難しいクリエイティブの話を平易な言葉で、広く浅く一通り言及している。本書のタイトルは色気を出しすぎていて、違和感を覚える。「デザインセンス」の話ではなく「デザイン倫理」と言い換えたほうがしっくりする。もし、本書の内容を「企業担当者」と「クリエイティブチーム」が共有できたら、おもしろい広告プロジェクトが生まれそうだ。
新書: 224ページ/ソフトバンククリエイティブ (2011/9/20)
参考書籍 - 思考方法を整理する
佐藤可士和の超整理術 
画期的なアイデアは、無理やりひねり出すのではなく、現状を整理するところからはじまる。佐藤可士和流仕事術を公開している。書かれている内容は非常にオーソドックス。一般ビジネス書が若干クリエイティブ向けになった感じ。読んだ感想として一番重要なことは、自分自身の方法を見つけ出すことである。
単行本: 224ページ/日本経済新聞出版社 (2007/9/15)
デザイン参考書籍 - 「デザインの正解」を導き出す
売れるデザインのしくみ -トーン・アンド・マナーで魅せるブランドデザイン- 
デザインを資産として完全に機能させるための方法を、「ポジショニング」と「トーン・アンド・マナー」という手法を組み合わせて、分かりやすく具体的に紐解く。そして「デザインの正解」を導き出すことができる。 オビに書いていることはまだ理解できるが、タイトルは内容からほど遠く感じる。内容は広告業界・デザイン業界の中級者向けで非常にわかり易い。デザインとその周辺を再認識することが重要なのだと思う。
単行本: 256ページ/ビー・エヌ・エヌ新社 (2009/10/9)
< 前 1  2   
TAGS タグ一覧を見る




PAGE TOP