>   >  タグで検索「パッケージデザイン」

Tag → パッケージデザイン

デザイン参考書籍 - 売れるデザインを考える
売れる色・売れるデザイン 
プロが考えるブランドデザインの本。配色、ロゴ、ネーミングからプロモーションの仕掛け方まで約60点のヒット商品を題材に、マーケティングのポイントとデザインの実践法をわかりやすく解説。一見地味だが、熟読するとナカナカよい。デザイナーによるプレゼンの場面など、ロジックの組み立てに活用できる。質実剛健の良書。
単行本: 255ページ/ビー・エヌ・エヌ新社 (2003/9/1)
デザイン参考書籍 - 祝いのデザインを考える
お祝いのデザイン GRAPHIC DESIGN FOR CELEBRATION 
結婚式のグリーティングカード、お店のオープンの案内ハガキ、ブランドの立ち上げアイテムなど、めでたい時のツールのデザインを収録。使用頻度は決して高いとはいえないが、親しい友人から頼まれるという一定のニーズがあるはず。そんな緊急時に使える便利なアイテムだ。
ペーパーバック: 160ページ/ビー・エヌ・エヌ新社 (2012/3/23)
SevenStars RealRich
SevenStars RealRich 
SevenStarsのパッケージ。SevenStarsといえば、ロングセラーの商品。茶色のバリエーションでも、シブいデザインは健在だ。
ビックル500
ビックル500 
ヤクルト的な乳性飲料のひとつ。類似商品として『ピルクル』もある。ちなみに『ピルクル』は特定保健用食品だ。いづれも、配色やパッケージデザインが似ている。意図的に寄せているのだろう。どの商品名にも『クル』が付いている点も興味深い。
内容量:500ml
カロリー:100ml当り45Kcal
レトルトカレー、新宿中村屋の濃厚リッチカリー
新宿中村屋 技あり仕込みビーフカリー濃厚リッチ 
新宿中村屋のレトルトカレー。いわゆる欧風カレー。「コクと香り」にこだわりあり。「ワインの深い風味」がきわだつリッチな味わいが売りのようだ。「リッチ」といっているが、さほど高いわけではない。このシリーズでは、一番新しく2013年5月頃に発売。同シリーズはすべての種類を食しているが、非常においしく満足度は高い。
内容量:200g
レトルトカレー、ローストオニオンチーズカレー
エスビー ローストオニオンチーズカレー 中辛 
濃厚なレトルトカレー。とことん炒めてペースト状にした炒め玉ねぎの甘み・旨みが売りのようだ。確かに、コクがあって濃厚でマイルド。そこそこ美味しい。個人的に、チーズは必要ない感じがする。
内容量:210g
三ツ矢ブランドのロゴ
三ツ矢 フルーツサイダー アップル 500ml 
三ツ矢ブランドのリンゴ味。果汁1%と思えないほどの味わいがある。注目するのはパッケージ。本家三ツ矢サイダーの商品ロゴは赤×緑×青の配色だが、この商品の場合は赤の単色使い。どことなく懐かしい雰囲気がある。
SevenStarのパッケージ(その4)Star Fes Edition
SevenStar Star Fes Edition 
またまた、セブンスターのパッケージが一時的に変わった。「Star Fes Edition」というもの。オモテにはギターリストのシルエット。ウラにはベーシストのシルエット。
その1
その2
その3
レトルトカレー、ハウス ザ・ホテル・カレー
ハウス ザ・ホテル・カレー 芳潤ワイン仕立て 
ハウスのレトルトカレー。商品コンセプトは『大人のためのカレー』。左写真は茶色のパッケージの『芳潤ワイン仕立て』で、緑のパッケージの『芳香スパイス仕立て』もある。辛さはどちらとも中辛。食した感想は、まず香りがよい。赤ワインの香りがあるのは、レトルトでも珍しい。味の面では、上品でコクがあり、高級な印象。名のとおり、ホテルのカレー。ややパンチにかける感も拭えないが、意外性のある欧風のレトルトカレーだ。
ウエシマコーヒー スペシャルブレンド
ウエシマコーヒー スペシャルブレンド 1kg 
大容量1kgの業務用コーヒー。ここ1年ほど継続して飲んでいる。コクがあって味も濃いめ。同シリーズ「豊かな香りのブレンド」はバランスよくクセがない味わいで、甲乙つけがたい。通常は、アスマルで購入している。注意点としては、想像以上に大きいこと。大きめの密封容器が必要で、冷凍庫のスペースも必要になってくる。
< 前 1  2  3   
TAGS タグ一覧を見る




PAGE TOP