>   >  タグで検索「写真加工・撮影」

Tag → 写真加工・撮影

参考書籍 - HDR、ハイキー/ローキーの写真を考える
HDR&ハイキー/ローキー 撮影・作成テクニック 
玄光社のムック本。今やスマホにも搭載されているHDR(ハイ・ダイナミックレンジ)。本書は、ソフトによって後からHDR加工する方法を詳しく紹介。HDRで展開できる表現域の広さとバリエーションの豊富さを解説している。また、HDR合成の素材となる「ハイキー」や「ローキー」といった写真にも改めてスポットライトを当て、効果的な表現や手法について言及。写真レタッチのスキルをツーランクアップすることができる。写真加工を更に深く追求するための書。中級者・上級者向け。
ムック: 113ページ/玄光社 (2015/1/29)
参考書籍 - 上手い写真を考える
上手い! とほめられる写真を撮ろう 
玄光社のムック本。写真の構図、光の上手な使い方、カメラの使いこなしなど、基本的なノウハウをわかりやすく解説している。単調になりやすい旅行スナップや家族記録も、本書を読めば2段階アップ。デジタル一眼ユーザ初心者には即効力あり。初級者~中級者向けの書。
ムック: 127ページ/玄光社 (2014/7/28)
参考書籍 - ナショジオの写真を考える
ナショナル ジオグラフィック デジタルカメラ「プロの撮り方」入門 
ナショジオといえば、写真誌の最高峰。しかしながら、本書の中身はイマイチと言わざるをえない。掲載されている作例の写真は期待通りだが、解説は非常に質素。ジャーナリスティックな写真を追求する方には、勉強になるのかもしれないが。
雑誌: 108ページ/日経ナショナルジオグラフィック社 (2006/11/5)
参考書籍 - スナップ写真を考える
写真教室では教えない新スナップ写真の方法 
玄光社のムック本。コンパクトカメラで撮影することを基本して、自由に写真を楽しむための方法を提案している。通常の写真撮影本なら、構図や露出・シャッタースピード云々といったこと解説していますが、本書はまったく違う方法で展開。技術面ではなく、いわば理念的な部分。言い換えれば「空気を撮る」といったところだ。今はフィルムカメラではなくデジカメなのだから、ひとまずガンガン撮ればよい。本書は、そんな当たり前のことを気づかせてくれる。
ムック: 143ページ/玄光社 (2013/5/11)
参考書籍 - 商品写真の撮り方を考える
商品写真の撮り方 完全ガイド プロがやさしく教えるブツ撮りの手引き 
プロカメラマンではない一般の人が自分で商品写真を簡単に美しく撮れる、"ブツ撮り"の方法を解説。小さなアクセサリーから、宝飾品・貴金属、さらに人物ポートレイトまでフォローしている。撮影ボックスを手に入れたら、次はこれを読んでくれ。確実に応えてくれる。時折、予算の問題でカメラマンが雇えず、自身で撮影する必要があったりする。そんな時に重宝する一冊だ。
単行本: 224ページ/エムディエヌコーポレーション (2014/6/13)
デザイン参考書籍 - Photoshop本を考える
デザインのセオリーから学ぶ Photoshop & Illustratorの教科書 
デザインの基本理論やセオリーの概論を紹介し、それぞれに関連するPhotoshop、Illustratorの使い方を解説。さらに、実際の作例を使った制作ノウハウも紹介しており、一気通貫でデザインが学べる、実践向きの教科書といった印象だ。デザイン作業の一連の流れがバランスよく構成されており、デザインスキルとして確実に身につく。初級者・中級者向けではあるが、なかなかの良書。ふと読み返す価値あり。
単行本: 248ページ/エムディエヌコーポレーション (2014/4/18)
参考書籍 - モノクロフォトを考える
美しいモノクロフォトの作り方
玄光社のムック本。手元の写真やデジタルカメラを使って「美しいモノクロフォト」に仕上げることができるガイドブック。要は、撮影技術ではなく、レタッチ技術の内容だ。硬調 / 軟調、ハイキー / ローキーなど、多彩な表現方法が記されている。カメラマンはもちろんだが、ひとつ上のスキルが必要なデザイナーに読んでほしい。ビジュアル作成時における発想の幅が広がることだろう。
ムック: 127ページ/ 玄光社 (2014/4/30)
参考書籍 - 写真レタッチを考える
写真をオシャレにレタッチする裏技テクニック
玄光社のムック本。写真レタッチの入門本だ。日常のスナップを印象的にレタッチする技が満載されている。非常にわかりやすく超初心者向け。オシャレ度が2段階アップする。ちなみに、内容とはあまり関係ないが、玄光社にしてはオシャレなデザインの表紙だ。
ムック: 111ページ/ 玄光社 (2011/2/14)
参考書籍 - 料理写真を考える
料理写真大全 料理撮影とシズルのテクニック&ライティング
プロが撮影する料理写真はやはり違う! 料理写真のライティングやシズルの技術をわかりやすく紹介している。大掛かりな撮影のセットが多いため、万人向けの書というわけではない。ほぼ業務用途。
ムック: 143ページ/玄光社 (2013/12/18)
参考書籍 - 室内での写真撮影を考える
マイ・フォト・スタジオ 
安価で手軽な機材で「小さな室内スタジオ」を実現。とはいいつつも、DIYではかなり高度な部類だろう。すぐに参考にできるのは、LEDライトを使って影をなくす撮影術。やはり、撮影用の照明は一日にして成らずというのが実感できる。
ムック: 114ページ/玄光社 (2013/9/26)
< 前 1  2  3  4   
TAGS タグ一覧を見る




PAGE TOP