>   >  タグで検索「建築・不動産」

Tag → 建築・不動産

WEBサイト - やわらかい緑系の配色のサイト
大分で注文住宅を建てるならサラダホームにお任せください! 
注文住宅のサイト。やわらかい緑系の配色。単調にならないように色のバリエーションを使っているのだが、その選び方が秀逸。配色の重要性を気づかせてくれるよい例だ。また、キービジュアルとして野菜のブロッコリーが頻繁に出てくる。そういえば、ブロッコリーって家のカタチに似ている?!そんなゆるさがやわらかい雰囲気をさらに演出している。コンテンツ面でもさまざまな工夫が見られる。スタッフ紹介は、チカラを入れて作られている。スタッフブログも同じデザインでまとめられ、コンテンツ更新もこまめに行われている。企業規模は極めて小さいが、社内スタッフの協力を含め、丁寧に制作されている非常によいサイトだ。
WEBサイト - とにかく美しいサイト
HOMETRIP 
新しい住まいを提案する情報サイト。athome と LiVESのコラボレーションによるもの。緑とグレーをうまく使ったやわらかい配色。とにかく美しい。おそらく写真の比率によるものが大きいと思われる。記事概要のカラムも美しく、内容的にもまとまっている。アクセントカラーに背景画像を入れたり、白背景を透過させたりと、随所にワザが効いている。もちろん写真の精度は非常に高い。文字情報も多すぎず、適度な分量に抑えており、リズムよく読むことができる。よく練られたサイトだ。
WEBサイト - 圧倒的な写真の量のプロモーションサイト
TOKYO 部屋 FILE ag | アットホーム × 東京グラフィティ 
賃貸不動産のプロモーションサイト。東京グラフィティとのコラボレーションは奇抜でオモシロい。まず、圧倒的な写真の量に驚かされる。写真を魅せるため、部分的な黒ベース配色で適度に引き締めていたり、モーダル表示をフルスクリーンにしたり、様々な工夫が見られる。また、コンテンツ編集面では、出版系とのコラボのためか、スキルや精度の高さを伺える。さらには、おそらくWordPressで作成されており、ここまでカスタマイズされたものはナカナカ見ることができない。秀逸な出来映えのプロモーションサイトだ。
WEBサイト - イラストが鍵を握っている赤×カーキのサイト
大和情報サービス株式会社 
商業施設ディベロッパーの企業サイト。配色は赤×カーキ。手描きイラストが散りばめていることで、やわらかい雰囲気を醸し出している。もしイラストがなければ、きわめて整然としたレイアウトで、ありきたりな企業サイトになると思われる。罫線やボタンのデザインパーツを手描き風に加工していることで、全体的な統一感は保たれている。サブトップでもイラストを多用しているが、ここでは苦肉の策で使っているようだ。決して主役ではないイラストやデザインパーツが鍵を握っているオモシロい例だ。
WEBサイト - 小規模企業サイトのお手本
参會堂 
東京の建築設計デザイン事務所のサイト。2012年11月にリニューアルされたこのサイトは、一見白ベースのシンプルなサイト。タイポグラフィ風のメニューをマウスオーバーすると、色鮮やかで情緒のあるグラフィックが現れる。とにかく美しい。下層ページでは、斜めのラインをうまく使っている。情報のつながりを示すとともに、リズムよく視線を誘導している。写真の使い方、魅せ方は建築デザイン事務所だけに秀逸。細かいことだが、スタッフの表情が見えるのは企業の誠実さが伝わってきて非常によい。若干のニュース更新もあるためか、WordPressで制作されているようだ。小規模の企業サイトとしてお手本となるサイトに仕上がっている。
WEBサイト - 企業メッセージを伝えるサイト
三菱地所|人を、想う力。街を、想う力。 
定番的な企業サイト。コーポレートカラーの赤の使い方がほどよいアクセントになっている。注目するのは、グローバルメニューの工夫。下層メニューをサムネイル付で大きいエリアで表示している。内容を類推できるので非常によい。背景をグレーに落とす演出では、視認性の向上を図っている。また、フッタの構成もユニーク。エリアを大きく取り、写真を背景にキャッチコピーとコンテンツメニューを表示している。企業メッセージを積極的に伝える試みはナカナカ興味深い。大手企業のサイトの中でも、シンプルにコンセプトを徹底しているよい例だ。
WEBサイト - ターコイズブルーのサイト
有限会社 内山建設 
群馬県の小さな建設会社の企業サイト。ターコイズブルーが印象的なこのサイトは縦長1ページで構成されている。縦は約9000pxあって、ナカナカのボリュームだ。左側に配置したグローバルメニューとスムーズスクロールの相性が非常によい。このメニューの配列に興味深い点がある。会社概要を一番上にしているところ。この順番にすることによって、トップページ訪問時に必然的にアニメーションが起こることになる。情報デザイン的な視点でもよい。デザイン面では方眼紙やスケールをモチーフにやさしくさわやか。小規模ながら誠実さが伝わってくるサイトだ。
WEBサイト - 爽やかな青系のプロモーションサイト
みんなの仕事場 
アスクル運営のオフィス施工関連のプロモーションサイト。基本カラーに用いているスカイブルーが気持ちよい。以前との比較では、情報デザインが良くなっている。まだまだ発展途上という印象だ。また、フッタ部分はピクトグラムなどを用いてかなり作り込んでいる。ユーザビリティが考慮されているよい一例だ。
WEBサイト - 右側のグローバルメニューの必然性
co-lab | Shared Collaboration Studio 
シェアオフィスの情報サイト。配色は白黒を基本としてアクセントカラーにグリーンなどを使っている。白黒のグラフィックスがかっこいい。右の画像は下層ページで、右側にグローバルメニューを設置している。それにより、強度のあるグラフィックスがさらに映えている。区切りの黒太線と適度な余白によって、心地よいリズムが生まれている。ブログツールWordPressで制作されているようだ。
WEBサイト - 定番レイアウトのバリエーション
神戸・阪神間|家 新築 マンション 戸建|神鋼不動産株式会社 
不動産関連の企業サイト。一見定番のレイアウトであるが、中段のバナー群が印象的。大きめのデザイン画像で構成されており、コンテンツの重要度が伝わってくる。ただ問題がないわけではない。情報が整理されておらず、各メニューの必然性が希薄な点。ポップアップブロックへの対応の不備。この解決方法としては、「サービスサイト中心の見直し」など、ユーザ中心のサイト設計に尽きる。
< 前 1  2   
TAGS タグ一覧を見る




PAGE TOP