>   >  タグで検索「白ベース」

Tag → 白ベース

WEBサイト - ゆったりしたブランドサイト
INFINITY 
コスメのブランドサイト。白ベースの配色。くすんだカラースキームをベースにしている。余白といい、文字の大きさといい、つくりがゆったりしている。画像ボタンもひとつひとつが大きいスペースをとっている。モニターの高解像度化が進んでいることへの対応のひとつだろう。ひとつ残念なのは、トップやグローバルメニューにおけるサブメニュー表示の仕方。マウスオーバーで表示するタイプだが、文字も小さいし、クリックエリアも狭い。デザイン思想の一貫性が乏しいと言わざるを得ない。
WEBサイト - 白ベースの美術展のサイト
アンドレアス・グルスキー展 
美術展のサイト。白ベースにグレーの文字。いちいち美しい。この美術展は、東京開催時に観に行った。平たくいえば、超高解像度の写真。構図も正対したものばかりで、極限までフラットな印象。実際はデジタル技術を駆使しているが、WEBサイトで作品を魅せてもあまり伝わらない。直接観ないと有り難みが理解できない類いのものだ。そう言った事情もあるためか、編集コンテンツとして著名人のコメントを掲載している。苦労が見えるサイトだ。
WEBサイト - グリッドレイアウトのアート系サイト
東京文化発信プロジェクト 
アート系サイト。文化政策に関する東京都の事業のようだ。このサイト自体は、芸術系ポータルの役割を果たしている。サイト内ではイベント概要のみ掲載しており、詳細は個別の公式サイトへ誘導するようなカタチを取っている。公の機関が運営しているにもかかわらず、デザイン面はナカナカだ。矩形デザインをそのまま活かしたグリッドレイアウト。背景にも適用されている罫線。カッコいい。一方、コンテンツ面はスッキリと整理されすぎて物足りない。運用を重視するがため、コンテンツが画一化されている。明らかに、コンテンツ編集の工夫が欠けている。あくまで想像だが、高価なCMSを使ってしっかりと構築されている。この規模であれば、MTやWordpressで構築し、コンテンツ編集に重きをおきたいところだ。
WEBサイト - ヘタウマのイラストのECサイト
TOKYO TRADING DIRECT 
デジタルガジェットのECサイト。カメラ女子をターゲットにしているようだ。配色は白×黒。トップページのヘタウマのイラストが印象的で、ゆるふわの雰囲気を醸し出している。イラストが白黒なので、結果的に余白があるように見えるのも興味深い。商品詳細ページは、内容的にも構成的にもしっかり作られている。しっかりした意図をもったサイトに仕上がっている。
WEBサイト - 上品でシンプルなサイト
SHIAWASEとうふ 
豆腐スイーツのサイト。配色は、白ベースにゴールド。とにかく、上品でシンプル。大きい文字が横切るアニメーションが控えめで効果的だ。サンセリフ系とセリフ系が混在しているが、決してに気ならない。スッキリ見える。WEBの文字デアインの参考になるサイトだ。
WEBサイト - 余白の取り方がうまいサイト
結婚報告はがきのソルトウエディング 
ウエディング関連サービスのサイト。いさぎよい白ベース。まず、グローバルメニューにある細くて薄いグレー罫線が上品だ。ボタン部分の文字は小さいが、余白を取ることでスッキリ見えてくる。各ページでは、見出しテキストも安易にセンタリングせずに、意図的に左右に固めることで、余白を生んでいたりする。元々素敵な写真がさらに活きて見える。さらに、イラストを用いることで、説明そのものに説得力が出ていたりと、様々な工夫が見られる。その一方で、文字量が多い気がする。文章そのものの精度は非常に優れているが、構成がイマイチ。WEB向けのエディトリアルを試みてほしいものだ。
WEBサイト - すっきりした日本酒のサイト
nominate
女性のための日本酒サイト。白ベースでスッキリしている。結果として、商品の形や色がダイレクトに眼に入ってくる。アニメーションによる演出で退屈な感じはない。このサイトでは、プロモーションだけでなく、商品の購入も可能。品数の少ないECサイトとしてはオモシロイ試みだ。
WEBサイト - サイズ感が心地よいサイト
ホームエレクター(Home ERECTA) 
スチールラックのサイト。全体のレイアウト構成はきわめてスタンダード。注目するのは、バナーのサイズ感。トップページの3カラムは非常にバランスがよい。余白の取り方はもちろんだが、バナーのサイズ感、特に高さが的確なためだと思われる。さらに、通常コンテンツとスペシャルコンテンツでは、バナーのサイズに差異をつけており、情報デザインの面でも工夫が見られる。また、サブトップでも左側に設置されたサブメニューのサイズ感、文字の大きさが心地よい。各パーツのサイズ感が丁寧に調整されている心地よいサイトだ。
WEBサイト - ほどよい余白が心地よいサイト
池田美穂の「Running Clinic」 
スポーツ用品の情報コンテンツ。配色は白ベースで、メインカラーは特に設定していない。しいて言えば、ピンクがキーカラー。動きのある人物写真は、マスクを切ることで活き活きして見えてくる。主張しすぎない見出しも絶妙なバランスを持っており、ほどよい余白が心地よい。白ベースの恩恵を受けているのだろう。見出しもコンテンツも構造化されているためか、非常に読みやすい。雑誌コンテンツがWEBコンテンツへと、上手に最適化されたという印象だ。コンテンツ編集のスキルの高さがナカナカのもの。例えば、ECサイトの販促コンテンツとして、非常に参考になるサイトだ。
WEBサイト - センタリングが活きているサイト
JAZY特許事務所 
特許事務所のサイト。配色はシンプルで、白×黒。それゆえに写真・イラストがすっきりと見えてくる。また、徹底したセンタリングが適度な余白を生んで、可読性が高いように感じる。ヘッダロゴももちろんセンタリングされ、うまく活きているよい例だ。全体の印象として、重みがあり誠実さが伝わってくるサイトだ。
< 前 1  2  3  4  5   
TAGS タグ一覧を見る




PAGE TOP