>   >  タグで検索「青系」

Tag → 青系

WEBサイト - しなやかなフォントで軽快なランディングページ
サイボウズ Office
まず印象的なのは、しなやかなフォント。メリハリのある大きなフォントを多用している。配色は青系で濃色を使用しているものの、やわらかい配色に感じる。軽快感がある。また、内容構成が非常によい。区切りが明確で、デザイン構造と内容構成がマッチしているのがポイント。秀逸なサイトだ。
WEBサイト - ダークな配色のブランドサイト
薬用 スカルプケア リガオス(Rigaos)公式サイト 
薬用シャンプーのブランドサイト。ダークな配色で写真や色使いが活きている。単色の黒ベースにせずにグレーがかった模様を入れることで、バナー画像との対比があり効果的に映えている。また、細かいテクニックとして注目するのは、画面幅を1280pxで想定している点。今後は増えるかもしれない。
WEBサイト - ネイビー×イエローのブランドサイト
アミノバイタル 
サプリメントのブランドサイト。配色はネイビー×イエロー。イエローといっても、ほとんどブラウン系で、カレッジカラーの色相ズラシという感じ。印象は、男性向けで質実剛健なイメージ。ユーザターゲットが明確にしている点はいさぎよい。
WEBサイト - スカイブルーの芸術系サイト
あいちトリエンナーレ2013 
芸術イベントのサイト。配色はシンプルで、白ベースにスカイブルー。グローバルメニューは大きく取られ、ピクトグラムを使用したメニューになっている。フラットデザインの影響なのかもしれない。スケジュールや会場地図は美しく作られている。広いターゲットを意識しつつ、ストイックなデザインの芸術系サイトだ。
WEBサイト - 視認性をよくする工夫のある銀行サイト
第三銀行 
銀行のサイト。コーポレートカラーの青系配色。上部のグローバルメニューでは、ユーザーを分ける構成にしており、非常にわかりやすい。タブデザイン部分は、ほどよいスペースを空けることでサブメニューとの関係性が明確になっている。また、文字を大きくして視認性をよくする工夫が随所にみられる。大きさ/色使い/正転/反転など、相対的な関係性を丁寧に構築している。全体的に誠実で信頼性のある印象だ。一転して、リクルートサイトはなかなかユニーク。青色の面積比を揃えることで、本体サイトとのデザイン統一が図られているようだ。デザイン要素一つ一つに制作意図が込められた、秀逸のサイトに仕上がっている。
WEBサイト - ユニバーサルデザインのサイト
日本科学未来館 
科学館のサイト。青系の配色。子供をターゲットにしているためか、ピクトグラムが多用されている。ユニバーサルデザインといった印象だ。さらに興味深いのは、横長写真の使い方。カテゴリートップで上部に配置されているのは、ズームアップされた写真で、他のものは比較的引いた構図になっている。このメリハリがあることで、説明写真がより活きてくるように思われる。グローバルメニューも用途別に2段に分けられており、情報デザインにもチカラが入っているのが伝わってくる。平凡だが気の利いたサイトに仕上がっている。
WEBサイト - 贅沢な動画を使ったサイト
NEW KAIYUKAN はじまる。
海遊館『新・体感エリア』新設のために開設されたサイト。サイト内ではスペシャルコンテンツの位置づけ。トップページでは、全画面ビデオになっている。動画フォーマットはWebM(ウェブエム)を採用。内容的にも贅沢な動画。ナカナカの高画質に感動さえ覚える。ハッキリ言って重いコンテンツだが、スペシャル感を出す際には選択肢の一つになり得るだろう。
WEBサイト - 一目でわかるビジュアルのサイト
論文翻訳・医療翻訳の翻訳ユレイタス 
翻訳会社のサイト。一目でわかるビジュアルが非常によい。そして、グローバルメニューの青色が眩しい。たっぷりと余裕のあるヘッダが「自動お見積もり」を際立たせている。フッダでは取引先リストや実績を掲載することで、信頼性をアピールしている。全体的に悪くない印象だ。残念な点は、文字編集。他社との差別化を図るためか、文字量が多い。うまく見出しかできている箇所もあるので、デザインとの兼ね合いが悪い点なのかもしれない。
WEBサイト - 精度の高い商品情報サイト
アシックス・ラブランニング 
スポーツ用品メーカーの商品情報サイト。青系×白ベースの配色。注目するのは、グローバルヘッダの構成。メニュー項目はカテゴリごとに可変にしており、パンくずリストを設置している。このページはサブトップになるのだが、パンくずリストの直下にローカルメニューを横一列に表示。カテゴリごとに自由度を認める規定となっているようだ。ところで、あらためて気が付くのだが、商品写真やイメージ写真が質が高い。質感の魅せ方や動きの表現に様々な工夫がみられる。他の業界でも参考にできそうだ。商品ページでは、ECサイト顔負けなほど非常によくまとまっている。欲を言えば、まとまりすぎて何か物足りない。CMSなど管理されているため限界はあるが、キャッチコピーやイメージ画像を大きく入れるなど、テンプレートにもう一工夫ほしいと感じる。とにもかくにも、精度の高い商品情報サイトだ。
WEBサイト - 青系の配色の専門学校サイト
OCT 大阪工業技術専門学校 
大阪の専門学校サイト。薄いグレーを背景に青系の配色。最も興味深いのは、グローバルメニューの構成。項目数が多いにもかかわらず、段組や色分けでシンプルに区切りをつけ、レイアウトしている。文字の大きさや罫線の使い方も実に巧みで、情報をうまく整理している印象だ。また、教員紹介では全身写真を使うなど、さまざまな工夫が見られる。全体として、情報デザインがうまいサイトに仕上がっている。
< 前 1  2  3  4  5  6  7   
TAGS タグ一覧を見る




PAGE TOP