>   >  タグで検索「ECサイト」

Tag → ECサイト

WEBサイト - 赤×黒の配色のECサイト
ディーゼル直営通販サイト 
アパレルブランドの直営ECサイト。赤×黒の配色で、矩形画像のオンパレード。緊張感が漲っている。技術面では、画面幅に合わせて拡大縮小するリキッドレイアウトを採用。タブレット端末に向けた対応だと思われる。もっとも興味深いのは、商品一覧ページの構成。縦型の商品画像を使っている。一見情報量が少なく物足りない感じがする。当然のことながら横型画像のほうが効率がよいのだが、他サイトとの比較でまったく違う見映えがする。実は、この点はアドバンテージであり、程よい情報量に抑えられ、商品一覧ページの圧迫感が少なくなっている。結果的に、視認性が向上しているように感じる。デザインアイデアでがんばっている、よい一例だ。
WEBサイト - ヘタウマのイラストのECサイト
TOKYO TRADING DIRECT 
デジタルガジェットのECサイト。カメラ女子をターゲットにしているようだ。配色は白×黒。トップページのヘタウマのイラストが印象的で、ゆるふわの雰囲気を醸し出している。イラストが白黒なので、結果的に余白があるように見えるのも興味深い。商品詳細ページは、内容的にも構成的にもしっかり作られている。しっかりした意図をもったサイトに仕上がっている。
WEBサイト - 整理整頓されたロジックの黄色のECサイト
マウスコンピューター 
BTOパソコンのECサイト。黄色の配色。トップページでは、特別なことは行わず、ランキング程度に抑えている。サブトップでは、トップページの内容に同等なほど、しっかり作られており、テキストもある程度のボリュームを入れている。おそらく、リスティング広告のランディングを考慮しているのだろう。PR活動も視野に入れたサイト構成は、整理整頓されたロジックを感じる。また、グローバルメニューは、製品写真を大きく配置しており、親切なUIを実現している。かなり興味深いのが、製品写真ギャラリーの画像の多さ。有名メーカーでは、回転させたり拡大させたりと、凝ったコンテンツとして制作されているが、「写真の多さ」で対抗するのは、シンプルでよいアイデアだ。要素のひとつひとつにロジックを感じる、そんなサイトだ。
WEBサイト - すっきりした日本酒のサイト
nominate
女性のための日本酒サイト。白ベースでスッキリしている。結果として、商品の形や色がダイレクトに眼に入ってくる。アニメーションによる演出で退屈な感じはない。このサイトでは、プロモーションだけでなく、商品の購入も可能。品数の少ないECサイトとしてはオモシロイ試みだ。
WEBサイト - 和テイストな美しいデザインテンプレートのサイト
大阪のお土産は御菓子所 泉寿庵|株式会社 いづみや本舗 
大阪の和菓子店のサイト。一言でいうと和テイスト。サイト全体を通して、美しいデザインテンプレートで展開されている。パーツ細部もこだわっており、濃色部分に敷かれたテクスチャが上品で活きている。また、興味深いのが、トップページのスライドアニメーション。「四分割されたレイアウト」と「横スライドするアニメ」の組み合わせが非常によい。スタンダードな演出の中にセンスを感じる。技術面ではHTML5で制作されており、ソースも非常に美しい。完成度の高いサイトだ。
WEBサイト - ノウハウが詰まったシンプルなECサイト
【LOHACO】by ヤフー&アスクル|ネット通販 - 【最短当日お届け!】文房具、生活雑貨から飲料まで。 
ECサイト。LOHACO(ロハコ)はヤフーとアスクルがタッグを組んだ、個人向けネット通販。アスクルが運営していた個人向けECサイト『アスマル』は品物が充実しておらず妙な感じがしていたが、閉店が決まったようだ。こちらのサイトは取扱商品約16万点で、すでに充実した感がある。デザイン面は非常にシンプルで「カゴに入れる」までのクリック数が少なく、目的の商品まで楽に到達できるよう配慮されている。また「価格の表示の仕方」「当日配達(最短の場合)」など老舗のノウハウが詰まっている印象だ。今後の展開にも期待したい。
WEBサイト - ダークな背景がビジュアルを活かすサイト
クレシェール化粧品 
コスメのECサイト。配色は深い青、濃紺。ダークな背景によってメインビジュアルが非常に活きている。テキストの視認性もよい。さらに、モンドレセレクションのマークが際立って見える。海洋深層水に関連した商品があるため、「深い海」のイメージを踏襲したデザインになっている。全体的にシンプルでECサイトらしからぬ印象。ブランドサイトとECサイトが合体した構成のようだ。もうひとつ戦略がほしい感じがする。
WEBサイト - 青系配色、独特なUIのECサイト
ロート製薬公式【ロート通販オンラインショップ】 
製薬会社の公式ECサイト。通常の物販販売と違って、グローバルメニューの構成が独特。スッキリとした青色の配色で、検索項目が並んでいる印象。事前に決められた商品を購入するユーザを優先した結果なのだろうか。グローバルメニューの直下に、キーワードを配置するなど、オモシロい工夫も見られる。トップページのレイアウトも定番的で、保守的なECサイトだ。個人的に思うのは、ブランドを前景化にした方が、ユーザの傾向に合うのではないかということ。
WEBサイト - チャレンジ精神あふれるECサイト
LADER 
台所用品などの日用品のお店のサイト。商品情報サイトとECサイトが合体したような感じで、一風変わった演出が多い。画面下部に設置されたグローバルメニュー。極力アイコン化されたメニュー。XGAに最適化されたレイアウト(ただし、画面幅に追従するようだ)。ページ遷移の中で現れるカートボタン。チャレンジ精神あふれる印象だ。
WEBサイト - 画像バナー中心のトップページのECサイト
ランコム公式通販サイト 
コスメのECサイト。トップページは画像バナー中心の構成。ある種定番になりつつあるカタチだ。画像バナーを含めたグラフィックも丁寧に作られている。使用フォントも数種類に抑えて徹底的に揃えている徹底ぶり。統一感が心地よい。ブランドサイトは別に存在しており、ECサイトからの遷移は重視していない。全体的にいさぎよい印象だ。
< 前 1  2  3   
TAGS タグ一覧を見る




PAGE TOP