>   >  タグで検索「IT・ソフトウエア」

Tag → IT・ソフトウエア

WEBサイト - しなやかなフォントで軽快なランディングページ
サイボウズ Office
まず印象的なのは、しなやかなフォント。メリハリのある大きなフォントを多用している。配色は青系で濃色を使用しているものの、やわらかい配色に感じる。軽快感がある。また、内容構成が非常によい。区切りが明確で、デザイン構造と内容構成がマッチしているのがポイント。秀逸なサイトだ。
WEBサイト - グレーの背景をうまく使った企業サイト
博報堂アイ・スタジオ 
企業サイト。配色はグレー。グレーの背景をうまく使っている。トップページでは、カラーでカテゴリー分けしても、落ち着いたトーンへと整える役割を果たしている。サブトップでは、複雑なビジュアルでも、相対的にクリアに見える(輝度が高く見える)よう働いている。さらに、ドットを利用することで、肌触りがちがう装飾になっている。極めてシンプルなワザの数々が、デザインに深みを与えている、興味深いサイトだ。
WEBサイト - スタンダードなB2Bの企業サイト
日鉄日立システムエンジニアリング株式会社 
IT系の企業サイト。B2Bであるがゆえにカタイ内容のサイトだ。構成は極めてスタンダード。トップページでは、自社のソリューション・サービスを前面に押し出しており、会社の内容を体現している。カラフルな配色もオモシロい。「注目ワード」や「アクセスランキング」を設置するなど、企業サイトとしては珍しい。スタンダードな構成に細かいアイデアを散りばめてあり、一捻りした企業サイトだ。
WEBサイト - カラフルな採用サイト
Yahoo! JAPAN 2014年度新卒採用 
IT系の採用サイト。配色はカラフルな印象。スタッフがキーワードを持っている写真はよい。背景色を変えているため、並べたときにインパクトがある。コンテンツ面では、Facebook日本 副代表との対談があったりと、力を入れている様子が伺える。明るく元気なサイトに仕上がっている。
WEBサイト - レスポンシブWEBデザインの赤い企業サイト
株式会社アイ・エム・ジェイ 
レスポンシブWEBデザインを駆使した企業サイトが大分増えてきた。その中でも突出して完成度が高いサイトだ。マルチデバイスはもちろん、PC画面でも、ワイドが広い場合(1920pxや2550pxなど)が考慮されている。ブレークポイントを細かく設定している部分は眼を見張るものがある。さらに、IE6/IE7では別のレイアウトが準備されているなど、抜かりのない企業サイトを実現している。
WEBサイト - 常に進化し続ける企業サイト
リクルートホールディングスのサイトへようこそ - RECRUIT HOLDINGS 
意味のない画像は極力排除し、SEO面も配慮した定番の構成になっている。注目はメインビジュアルエリア。ピクトグラムのボタンはサービスのメニューになっており、通常のメニューと差異化を図っている。ワンクリックで下層カテゴリを表示するなど、ユーザビリティへの配慮もぬかりがない。正々堂々、真摯な態度が表れている企業サイトに仕上がっている。
WEBサイト - 質感がやわらかいサイト
Simplog - Ameba発のシンプルで美しいスマホブログ - 
スマホ向けサービスの紹介サイト。サービスロゴを大きく表示するために、全体のバランスを取ってレイアウトしている。背景の質感や配色もやわらかくとても素敵。広い範囲で応用できそうな技が満載、といった印象だ。
WEBサイト - オレンジ色の企業サイト
株式会社D2C 
企業サイト。グローバルメニューはピクトグラムを配したシンプルな構成。ビジュアルが微妙に透過しているところに繊細さを感じる。下層ページでも同様に展開している。写真+イラストのビジュアルも新鮮に感じる。
Facebook企業イベント - Adobeの場合
Adobe Creative Cloud発表イベント 
2012年4月24日(火)、待望のCreative Cloudの全貌とCS6の新機能を日本で初めてお披露目するAdobe Creative Cloud発表イベント。リアルイベントとFacebookを連携させたソーシャルメディア参加型イベント。もちろんライブ中継も行われ、非常に凝った形態で行われた印象だ。「WOWボタン」が非常におもしろい。
WEBサイト - クレバーな赤系の配色(レッド×ホワイト)
Maser 
『まぜる』という意のこのサイトでは、個人がひらめきやアイディアを考え、それらを企業がオークションを通して買う。重要なサイトコンセプトがふたつ。「アイデアをオープンにする」ことと「ディレクションによって昇華させる」こと。ソーシャルメディアとの連携を活かした非常におもしろい試みだ。いわゆる"クール・ジャパン戦略事業"のひとつの活動らしい。余談だが、Maserには"電気衝撃増幅器"をいう意味もあるようだ。配色はレッド×ホワイトで潔い。
< 前 1  2   
TAGS タグ一覧を見る




PAGE TOP