>   >  タグで検索「WEBディレクター」

Tag → WEBディレクター

参考書籍 - デザイン・シンキングの事例を考える
実践 デザイン・シンキング 
日立、ヤフー、コクヨ、オイシックス、ソニー、富士通ほか、様々な分野の企業が採用する注目の手法を28社の事例で解説。具体的な事例を中心に紹介している点がよい。
単行本: 272ページ/日経BP社 (2014/12/12)
デザイン参考書籍 - クリエイティブシンキングを考える
クリエイティブシンキング入門 
ロジカルシンキングやデザイン思考という類の書。トレーニング形式で展開している。目新しいことが書いてあるわけではないが、流し読みするだけでも思考を整理することができる。クリエイティブという方法論がここには確かに存在する。
単行本: 275ページ/ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013/8/28)
WEB参考書籍 - WEB制作の最新常識を考える
現場のプロが教えるWeb制作の最新常識 知らないと困るWebデザインの新ルール  
HTML5・CSS3・マルチデバイス時代におけるWebデザインの手法と技術。それらの直近1~2年の動向がうまく凝縮されている。また、注目の手法、ツール、トレンドをまとめて解説。フロントエンドエンジニアはもちろん、Webディレクター必携の書だ。
単行本: 160ページ/エムディエヌコーポレーション (2014/1/27)
WEB参考書籍 - コーディングガイドラインを考える
Web Designing 2013年 04月 
雑誌の記事。注目するのは『コーディングガイドライン策定マニュアル』。デザインに関するガイドラインを納品することもあるが、制作作業後にまとめることが多く、現場スタッフが活用できないのが現実だ。事前にコーディングルールを策定することで、質的な面でも効率的な面でも活用することができる。極めて実践に役立つ特集記事で、惜しげもなくノウハウを公開している。Word形式のドキュメントを読者に限定配布しているのも驚きだ。WEBディレクター必読の書。そして、買いの一冊。記事以外にも、この特集と連動したセミナーが開催されたりと非常にオモシロい試みがなされている。
雑誌/マイナビ; 月刊版 (2013/3/18)
デザインの必要性を考える
デザインの必要性を考える【デザインとは】 
Webクリエイターズマニュアルさんの記事。『そもそもデザインって必要なの?』という言葉をクライアントから投げかけられる場面があったりもする。素朴で難解な疑問。そんな疑問を正面から取り組んで答えている。答えは様々あるが、参考となる記事のひとつだ。この筆者は、WEBディレクターということもあり、誠実で真摯な態度が垣間見られる。見習うべきものは、態度なのかもしれない。
WEB参考書籍 - ディレクションを考える
Webディレクション 成功の法則48 
プロジェクト管理、ユーザビリティ設計、テクニカル・ディレクション、アート・ディレクション、情報管理、サイト運営といった6つの分野で必要な知識や現場でのノウハウを、簡潔に解説している。内容的には浅く広く、プロジェクト・マネジメント本のWeb制作用途という印象。けっしてクリエイティブ・ディレクションの話ではなく、マネジメントの話である。発売されてから大分経っているが、今でも新宿高島屋の隣のK書店では平積みされている。おそらくロングセラーなのだと思う。
大型本: 160ページ/翔泳社 (2007/8/30)
WEB参考書籍 - WEBディレクションを考える
Webディレクション教科書 
WEBディレクター向けの書籍は多数存在するが、本書は初心者向け・業界標準といった印象だ。といっても、決して悪い訳ではなく、非常にわかりやすく丁寧な説明している。制作チームの共通認識を作ったり、クライアントへの説明資料にも使えるだろう。ヒアリングシートや見積書など、数々の文書フォーマットを掲載している点は、実務に役立つし、即効性がある。
単行本: 280ページ/ソフトバンククリエイティブ (2006/12/28)
参考書籍 - デザインプロセスに焦点をあてる
プロセス オブ ウェブデザイン 企画からデザインへ 落とし込みの技術 
プロジェクトの進行過程で発生した実際の企画書・ラフ・仕様書など全てを見せて解説している。デザインプロセスで生まれる成果物が表に出ることはほぼないので、ナカナカ興味深い。ただ大規模な案件の制作フローなので、そのまま利用できない場合が多い。応用するには、各プロセスを合体したり強調したり、それなりの工夫が必要。表紙とタイトルから期待されるクリエイティブに直結した話はほとんどない。プロジェクト全体の動きが見えるので、WEBディレクター向きといえる。
大型本: 144ページ /翔泳社 (2006/6/2)
WEBディレクターとは...
webdirectooor!!! 
Webディレクターの個人ブログの記事。WEBディレクターの理想像がまとめられている。他の記事も「ディレクター」という明示的な区分で書かれているので、なかなか参考になる。
< 前 1 次 >
TAGS タグ一覧を見る




PAGE TOP